遅漏克服体験談 一覧

当サイトを読んで実践し、遅漏改善に成功された方々の体験談です。遅漏を克服された方々が、どんなプロセスで治っていったのかを知ることは、改善の意欲を高めるのに役立ちます。特に、自分と同年代の方や似た状況からはじまっている方の体験談を、何度も繰り返し読まれることをお勧めします。

おほほのおっちゃんさん(40代):AV禁・オナ禁などにより改善

私は現在40代のおっちゃんです。

10年以上も彼女がいなくて、自慰行為をほぼ毎日たしなんでいました。特定の彼女もいなく、自慰行為だとAVを見ながらだと5分もあれば射精出来たので早漏だと思ってました。

しかし久しぶりに行った風俗で本番挿入をしても、下半身に入れてる感覚がなく、頑張ってくれてる嬢を見てたら萎えてしまいました(;^_^A

これはイカンという事で色々調べた結果このサイトに辿りつきました。

続きを読む


ポポンさん(40代):オナ禁1ヶ月で改善

20代の時から、遅漏で悩んでいました。

治そうと思って風俗店やデリヘルにも何回か挑戦しました。なかなか射精に至らず、最後に女性に手で処理してもらう情けなさ。それでも射精できれば満足でした。最悪なのは、女性から疲れたから又は時間だから止めていい?と言われて終了する時です。

続きを読む


エゲレス紳士さん:心から愛せる人と出会って改善

はじめまして。私は19歳の時に童貞を卒業した時からずっと女性でいけませんでした。最初は何が原因か分からず、セックスってただ疲れるだけじゃんと思っていて、あんまり乗り気になれませんでした。付き合った女性と行為をする際には相手が気持ちよくなったのを見てそれで満足してしまい、相手には毎回自分ばかりいって寂しいと言われて…そういった事も彼女と長続きしない原因だったと思います。

続きを読む


金さん(37才):オナ禁1ヶ月半

僕は韓国に住んでいる37歳の男性です。 彼女がいる歴より独身で一人でいる歴が長いほうなので、一人エッチを繰り返してきました。高校時代から一人エッチを始めたんで、オナニー歴が22年になってしまいました。

続きを読む


roiroiさん(25才):包茎手術後の遅漏を改善

参考になるか分かりませんが。自分の体験談を投稿します。自分の場合はかなり特殊なケースだと思いますが。同じ悩みの人の参考になればと思いメールさせてもらいます。

続きを読む


耐久さん(20才):「1週間の禁欲→セックス」を何度も繰り返す

20歳の耐久ともうします。この度初めて女性の膣でイケました!

私が遅漏だと気づいたのは18歳の時でした。相手の中に入れても正直気持ちよくなく、イケる気が全くしませんでした。なぜそうなったかを追求し、インターネットとかで調べていると、この管理人さんが開いてるサイトに出会いました。

続きを読む


tomさん(40代後半):10日前後のオナ禁を繰り返す

1ヶ月前にこのサイトに出会い、オナ禁を実行しました。しかし、2週間目であえなく撃沈。そのあとも持ってもせいぜい10日でリセットを繰り返しています。それでもこのたび、遅漏を克服し、中出しに成功しました。

続きを読む


Kさん(20代):オナ禁1ヶ月×2回

このたびようやく膣内射精に成功しましたので、何より感謝と臨床データとして少しでもお役に立てればと思いメール致しました。以下に、分かりやすさのため、多少簡略化して足跡を述べたいと思います。

続きを読む


やぶさん(24才):2週間の禁欲+イメトレ

当サイトを見させて頂きやっと本日膣でイケました><。私は今年で24男性。オナニスト暦はそれこそ小学生の時には布団等をつかった圧迫型の超危険なオナニーの常習犯でした(18年程度のキャリアかな?)。

続きを読む


SOさん(24才):オナ禁1ヶ月

自分は今年24になるのですが、相手の中で射精できず、勃起も続かず悩んでいました。そのせいか付き合っても長続きせず半ば諦めていました。

続きを読む


管理人Makoto:オナホール→イメトレ→オナ禁100日間

そもそもの原因は、幼年時代から

さて、どこから語るべきか……。そう、あれは確か幼稚園の頃だったと思う。教室のテーブルの端に両腕を立て、足を上げ、鉄棒をする時みたいに宙ぶらりんになってみた。そうすると、テーブルの端にちょうどペニスの位置が来る。ペニスをテーブルにしっかり押し付けると、腕とペニスに支えられて、体が安定し、浮かせ続けることができた。

そしてやがて、それがとても気持ちいい行為だと気付き、いつの間にか癖になっていた。先生や母親には、しばしば、「やめなさい」と怒られていたような気はする。しかし、そんな幼児に、なぜこんな気持ちいいことがダメなのか分かるはずもなく、見えないところでかなりやっていたと思う。そう、僕は少なくとも6才の時点から、それとは知らずにオナニーをやり始めていた。

続きを読む