エゲレス紳士さん:心から愛せる人と出会って改善

はじめまして。私は19歳の時に童貞を卒業した時からずっと女性でいけませんでした。最初は何が原因か分からず、セックスってただ疲れるだけじゃんと思っていて、あんまり乗り気になれませんでした。付き合った女性と行為をする際には相手が気持ちよくなったのを見てそれで満足してしまい、相手には毎回自分ばかりいって寂しいと言われて…そういった事も彼女と長続きしない原因だったと思います。

この膣内不感症について気がついたのが2年位前になり、原因は握力が強すぎるが故に女性の膣圧で逝けないと言うものでした。それからはもう女性と付き合うのもあまり考えたくなくなっていました。

ちょっとしたきっかけでそっちのお店に行く事になり一人の女性を抱きました。相手はプロですからいかすのに必死でした。でも私はいけず女性の方はかなりいってくれたらしいのですが、やはり私ばかりいって寂しいよと言われました。その時に心がづきづきして仕方なかったです。

その後女性のためにいけるように努力しようと思い、オナ禁をし色々試したのですが、やはり女性ではいけませんでした。あまり良い事ではないのですが、出会い系で女性と会い行為をして…また傷ついてを繰り返し…

オナ禁一ヶ月が過ぎようとした頃、もうダメなのかなと思った時、一人の女性と出会いました。はじめて見た時からなんだか気になって…不思議と会話も盛り上がって、そしてその女性と行為をした時ものすごく気持ちよくて愛おしくて、何回も何回もキスをして…はじめてあった女性なのにものすごく愛おしくて、相手も私を包み込む様な優しさを感じました。

そしてついに、膣内ではないのですがフェラで射精出来ました。その時にすごく嬉しくて…思わず激しくキスをして強く抱きしめてしまいました。その後色々な話をして付き合って貰えるか聞いたら心よく受け入れて貰いました。

この膣内不感症と言う症状は、身体だけではなく精神的なものもすごく大きいと思います。私はこの症状と自分を憎んでいましたが、この症状のお陰で素晴らしいパートナーに会う事が出来ました。まだ完全に治った訳ではないですが、希望が見えて来ました。このサイトの治療方と出会えた女性に心から感謝しています。今、膣内不感症で悩まれている方は絶対に諦めないで下さい。あなたを理解してくれるパートナーと協力すれば、必ず治るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加