オナ禁のススメ

※以下の文章は1ヶ月以上の長期オナ禁(射精禁)を推奨するものですが、人によっては長期オナ禁により勃起障害(ED)が現れたり、それが悪化するリスクがあるようです。WEB上にそういった意見・報告が散見されますし、筆者の相談事例の中でもED化された方がいます。(参考:オナ禁の効果を報告するスレ まとめwiki > 長期オナ禁のデメリット)

ただし、オナ禁によるEDが、あくまで一時的なものなのか、慢性化するものなのか、そもそもオナ禁が本当に直接の原因になっているのかまでは分かりません。

遅漏改善のためにオナ禁すること自体は一定のメリットが存在すると考えていますが、それをどのような条件の人が、どの程度の期間・間隔で行うべきかは、よく分かっていない状況です。結果に対する責任は負えませんので、実際行う場合は自己責任でお願い致します。
長期オナ禁に不安を感じる方は、より短い間隔で断続的にオナ禁していく方法か、オナ禁せず膣感覚に近付ける方法で改善していくことをお勧めします。

長期のオナ禁のメリット

遅漏・膣内射精障害の改善のためには、1ヶ月以上の長期オナ禁がお勧めです。特に、オナニーのやり方に癖がある方、オナニー頻度の高い方にとっては、非常に有効な方法だと思います。以下のメリットがあります。

1)連続30~50日間以上のオナ禁をすると、オナニー欲自体が消える。

2)セックスパートナーの負担が軽くなる。

3)遅漏改善以外の付加効果がある。

連続30~50日間以上のオナ禁をすると、オナニー欲自体が消える。

オナニーの快感は習慣性があり、やればやるほど益々やりたくなります。特に10代~20代前半であれば、毎日でもやってしまいがちです。これが遅漏を悪化させる要因の一つとなっています。

今までよりペニスに優しいオナニーに変えることで、確かに改善に向かいます。しかし、これには1つ難点があります。今までのオナニー法との違いから十分な快感が得られず、ついつい元のオナニーに戻りがちになってしまうのです。中途半端に性感を刺激して、微妙にフラストレーションをためてしまうのであれば、しっかり目標を決めて一定期間のオナ禁をした方が、より早く改善できるでしょう。

確証できない少ない事例にすぎませんが、セックスメディアに一切接触しない状態であれば、連続オナ禁期間が30~50日間を越えると、ほとんどの方はオナニー欲自体がなくなっていく傾向にあるようです。

筆者自身は、オナ禁を開始後、初めの1週間~2週間は我慢が続かず、2度ほど途中でリセットしました。しかし、3度目のチャレンジで、連続32日目(通算では52日目)に、「もうオナニーしなくても大丈夫だ」という感覚を得ました。その後、オナニー欲が湧くことはなく、アダルトビデオを観ても何とも思わなくなりました。

そして、そのまま100日間連続でオナ禁を達成後、セックスにチャレンジし、即膣内射精できました。100日もやる必要はないと思いますが、オナニー欲が消える程度まで行えば、元のオナニーへのぶり返しを防ぐことができます。そして、その後の膣での性感再構築が非常に楽になります。目安として、1ヶ月間のオナ禁をお勧めします。

オナ禁によってセックスパートナーの負担が軽くなる。

遅漏状態での挿入行為は、無理に膣内射精しようとすることで、ピストン運動が激しくなりがち、時間が長くなりがちです。男性が思っている以上に、パートナー女性に負担がかかっています。一定期間十分なオナ禁をすることで圧倒的に射精しやすくなり、挿入練習時のパートナーの負担を軽くすることができます。

「長時間かけて何とか膣内射精に成功」してしまうと、その後のセックスがペニスの物理刺激に頼ったタイプに陥ってしまうかもしれません。物理刺激のみに頼ったセックスは、即ち「パートナーの膣を使ったオナニー」であり、女性にとって負担であり続けます。十分な期間、オナ禁をすることで「入れたらすぐ出ちゃった」タイプの成功体験をした方が、その後のカップルのセックスライフにとって、より良い効果を生むでしょう。

遅漏改善目的以外の、オナ禁による付加効果

オナ禁(射精禁)は一つのムーブメントになっており、遅漏改善目的以外でも、自己啓発や健康目的で多くの方が実践されています。主に効果があると言われているのは、以下です。

1)抜け毛が少なくなる。

2)朝寝坊しなくなる(睡眠時間の減少)。

3)美肌効果(にきび・脂性改善)

4)性格が明るく前向きになる。

5)女性にモテる。

残念ながら、本格的なオナ禁の研究は行われていないために、いずれも医学的に正確な実証はされていません。個人差の大きい効果、また一部単なる思い込みによる効果もあると思います。

しかし、事実として体感しやすい効果も確実に存在します。ネット上で様々な方が実践記録を書かれており、特に以下のサイトが参考になります。

自己改善により毎日を大切に生きる(リンク切れ)
オナ禁.com
オナ禁wiki

付加効果についての筆者の感想

抜け毛は減った?
不明。ただし、髭や体毛の伸びるスピードは確実に遅くなりました。

朝寝坊しなくなった?
Yes。射精しない日が一定期間続くと、睡眠時間は短くても平気になりました。しかし、1度でも射精すると、しばらく寝起きが悪くなりました。

美肌効果はあった?
Yes。長年消えなかった背中ニキビが、きれいに無くなりました。ただし、セックスをするようになってから再び出てくるようになりました。

性格は明るくなった?
No。特に変わったとは感じず。

モテ効果はあった?
モテるようになったとは思いません。しかし、オナ禁が1ヶ月を超えた頃には、性欲自体の執着が減り、女性に対する精神的な構えが減りました。その結果、どんな女性とも気軽に話しやすくなったと思います。

長期のオナ禁を成功させるための方法

掲示板やSNSのコミュニティに参加して、仲間と一緒にゲーム感覚で実践すると達成しやすいです。筆者の場合、2ch健康版のオナ禁マラソンに参加したことが、長期のオナ禁を達成する大きな助けになりました。現在では専門のSNSもあります。こうしたコミュニティを利用して、他の実践者と情報交換しながら行うと、楽しみながら禁欲できるでしょう。

オナ禁SNS

[2010/5/27追記]オナ禁を成功させる方法もご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加